【ビットコイン】が「まだまだ伸びる」と考えられている5つの理由《決定版》

「ビットコインはこれからも伸びるの?」

そこが一番気になるところですよね。

もちろん、上がるか下がるかは誰にもわからないです。投資するなら、自分で調べて判断するしかありません!

ですが、「確実に伸びる」と考えている人が多いことは確かです。それはなぜなのか?

「ビットコイン・ブロックチェーンの本」を片っ端から読んできた僕が、どのサイトよりもわかりやすくお教えします!

これを読めば、アナタもビットコインが期待される理由がわかります!

【ビットコイン】が「まだまだ伸びる」と考えられている5つの理由

【ビットコイン】が「まだまだ伸びる」と考えられている5つの理由

前回の、サルでもわかる【ビットコインのメリット・デメリット】では、ビットコインのメリットや便利さがわかりましたね。

そして、これから価値が上がる「投資の対象」としても魅力的です。

「え!今もうこんなに価格が上がってたら、これからはもうそんな上がらないんじゃないの?」

と思うかもしれませんね。

ですが、「ビットコインの価格はまだまだ上がる」と考えている人は多いです。

世界的な企業、JPモルガン・チェースでは「将来的にビットコインは約1500万円になる」と予想。

ビットコイン長者として有名なウィンクルボス兄弟は「約5500万円になる」と予想しています。

短期的には、価値が上がったり下がったりしますが、長期的にはまだまだ伸びてゆく、と考えている人は多いです。

なぜ、ビットコインはそんなにも期待されているのでしょう?

理由を説明します!

【ビットコイン】が“買い”な理由5つ

【ビットコイン】が“買い”な理由5つ

【ビットコイン】「まだまだ伸びる!」と期待される主な理由は、以下の5つです。

  • 法律の整備が進んでいる
  • キャッシュレス化の波
  • 円高からの円安
  • 外国での盛り上がり
  • 日本での意識変化

ひとつづつ説明します!

【ビットコイン】買いな理由 ①法律の整備が進んでいる

【ビットコイン】買いな理由 ①法律の整備が進んでいる

国による暗号資産の法整備が進んでいます。

これによって、通貨としての信用性はどんどん増しています

2017年には、暗号資産の利用者保護のため、取引所は厳しいチェックを受けることになりました。

そのうえ、ビットコインなどが「決済手段」として正式に認められました。

それまでは暗号資産は「モノ」としてあつかわれていました。なので買う時に、消費税がかかっていたのです。

「決済手段」として認められたことにより、ビットコインを買っても消費税がかからなくなりました。

こうした法整備がどんどん進むことにより、ビットコインの信用性はどんどん増しているのです。

ビットコインが便利なのは、前回の記事サルでもわかる【ビットコインのメリット・デメリット】で話した通りです。

よって、ビットコインはこれからまだまだ伸びると考えられています。

【ビットコイン】買いな理由 ②キャッシュレス化の波

【ビットコイン】買いな理由 ②キャッシュレス化の波

キャッシュレス化によって、仮想通貨を使うユーザーはこれからどんどん増えます

日本はだいぶキャッシュレス化が遅れている国です。

そこで政府は、「2027年までにキャッシュレスの普及率を20%から40%まで引き上げる」ことを明言しています。

キャッシュレスになれば、外国人観光客(特に中国)の支払いは便利になります。

前回の記事サルでもわかる【ビットコインのメリット・デメリット】で話した通り、お店のメリットははかりしれません。

ゆくゆくは、クレジットカード決済よりも、暗号資産での決済が普及してゆく可能性が高いのです。

よって、暗号資産ユーザーは増え、ビットコインはこれからまだまだ伸びると考えられています。

【ビットコイン】買いな理由 ③円高からの円安

【ビットコイン】買いな理由 ③円高からの円安

日本の「円」の価値は、これから下がっていく可能性が高いです。

GDP(国内総生産)の成長率は、日本が1%なのに対し、東南アジア諸国は6%~7%で成長しています。

そのうえ、日本はこれからどんどん人口が減ります。東南アジアは、これから若い人がどんどん増えていきます。

東南アジアが力を増していき、その国の通貨も価値が上がる可能性が高いです。

こうしたように、日本円はこれから安くなっていくと予想されています。

そうしたリスクを考えると…

「日本円の価値が高い今のうちに、ビットコインにしておいたほうが良いのでは?」

という考える投資家も多いでしょう。

【ビットコイン】買いな理由 ④外国での盛り上がり

【ビットコイン】買いな理由 ④外国での盛り上がり

2020年~2021年では、ビットコインの価値がどんどん上がりました。

理由は、以下のようなことがありました。

  • 「テスラ」をはじめ、名だたる企業がビットコインを買った
  • 大手決済会社が次々とビットコイン決済を採用した
  • カナダで、ビットコインを含むETF(上場投資信託)の取引が始まった
  • アメリカの大手取引所コインベースが上場した

などなど。ものすごい勢いで、暗号資産市場は広がっています。

外国での盛り上がりは、まだまだこれからも続くでしょう。

そうして、ビットコインも伸びていくと考えられてます。

【ビットコイン】買いな理由 ⑤日本での意識変化

【ビットコイン】買いな理由 ⑤日本での意識変化

日本で「暗号資産」というと、「安定しない」「危ないもの」というイメージを持っている方が多いですよね。

ですが、暗号資産について学んだ方は、「ビットコインの流動性」や「何が危ないのか」、よくわかったはずです。

2017年に、日本では暗号資産バブルが起き、1BTCが220万円になりました。

暗号資産やブロックチェーンについて、何も学んでない人たちが、何だかわからないまま買っていることが多かったのです。

その後、一時的なバブルははじけ…1BTCは38万円まで下がりました。

とうぜん、学んでない人たちは、その時に売ってしまった方が多いです。

この時のイメージにより、日本では「何だかあやしいもの」「危ないもの」という先入観になってしまいました。

ところが今はどうでしょう?

ビットコインは、最高値を更新して、1BTCは700万円まで上がっています。

ビットコインについて学んで、価値を信じて持ちつづけた人は、大きな含み益を出しているわけです。

今はまだ、暗号資産に対する日本人の意識は変わっていません。

これがそのうち、日本の企業もビットコインを買うようになったら。

少しずつ、一般のビットコインに対する意識も変わってくるはずです。

なので、今がチャンスなのです。多くの人が「危険だ」と思い込んでいる今。

しっかりと学んで、可能性をわかった人だけが正しく資産を運用できるのです。

暗号資産を正しく学んでいきましょう!

 

「ビットコインの可能性はわかった。じゃあ、どこで手に入れればいいの?」ってことで、次はビットコインの買い方・始め方をお伝えします!↓

>>>サルでもわかる【ビットコインの買い方・始め方】初心者向けにわかりやすく簡単解説《決定版》

最新情報をチェックしよう!