サルでもわかる暗号資産【NEM/Symbol(XEM/XYM)】とは?《初心者向けにわかりやすく解説》

「NEMとかSymbolって暗号資産をよく聞くけど、どんなコインなのかわからない!」

そんな初心者のために【NEM/Symbol】について、わかりやすく解説します!

これを読めば、NEMとSymbolの違いもざっくりわかりますよ!

さい
暗号資産を着実に運用している僕が教えるよ!

サルでもわかる暗号資産【NEM/Symbol(XEM/XYM)】とは?

サルでもわかる暗号資産【NEM/Symbol(XEM/XYM)】とは?

【NEM/Symbol】を一言で言うなら、新しい経済社会を作り出すことを目指してるプロジェクトです。

NEMとは、「New Economy Movement」の略で、プロジェクトの名前です。

その名の通り、「新しい経済を作ってこうぜ!」って意味。

プロックチェーン全体のプラットフォームが「NEM」で、そこで使われる通貨が「XEM」です。

NEM/Symbolの基本情報↓

開発者 Jaguar Gimre Bloody Rookie
発行元・管理者 なし(非中央集権)
通貨単位 NEM=XEM Symbol=XYM
総発行枚数 約900億枚
何年から? NEM 2015年3月、Symbol 2021年3月
現在の時価総額ランキング NEM 第78位、Symbol 207位(2021年11月)
現在の価格 NEM 23円、Symbol 41.18円(2021年11月)
日本での取引
あり
取引できる日本の取引所 コインチェック、ビットフライヤー、DMM Bitcoin、GMOコイン、など多数

>>>NEM/Symbol公式サイト

NEMの特徴

  • 取引スピードが速い
  • XEMは全て配布済みなので、供給量が増えない
  • 「PoW」でも「PoS」でもなく「Pol」
  • 「ハーベスト」でXEMがもらえる

取引スピードが速い

ビットコインなら10分以上かかる送金が、NEMなら1分くらいで送金できます。

手数料も、ビットコインなら0.001BTCかかるところ、NEMなら0.5XEM。はるかに安い。

XEMは全て配布済みなので、供給量が増えない

NEM公開当初、1600人くらいに約900億XEMが配られました。

それが全てで、今後発行されることはありません。

なので、価格が下がりづらいとも言えるでしょう。

「PoW」でも「PoS」でもなく「Pol」

ビットコインやイーサリアムで「PoW」と「PoS」は聞いたことあると思います。コンセンサスアルゴリズム(承認方式)というやつです。

これが、NEMではProof of Importance(PoI)という仕組みになっています。

どういう仕組みなのか。NEMの「量」や「保有期間」「取引量」などによって、ネットワークへの貢献度を計り、取引を承認する権限が割り当てられる、という仕組みです。

「ハーベスト」でXEMがもらえる

「ハーベスト」とは、NEM取引承認の報酬としてXEMがもらえることです。

「ハーベスト」するには、ざっくり言うとNEM専用の「NEM Wallet」に1万XEM以上入れておく必要があります。

NEMのアップデート「Symbol」とは

NEMのアップデート「Symbol」とは

NEMのアップデートにより、新しく「Symbol」が誕生しました。

NEMが「開発者の実験環境」として開発されたのに対し、

Symbolは、「企業や公的機関で使うブロックチェーン」として開発されています。

NEMと比べると、処理スピード、セキュリティ、使い勝手の良さが格段にアップ!

ですがそれぞれ目的が違うので、Symbolが出てもNEMは引き続き開発されていきます。

NEM/Symbolの参考動画

NEMからSymbolへアップデートしつつ、NEMも続いてく…ということで。

なかなかややこしいかもしれませんが、動画などでも学びましょう。

【NEM/Symbol(XEM/XYM)】まとめ

【NEM/Symbol(XEM/XYM)】まとめ

日本でも根強い人気を誇る【NEM/Symbol】ですが、なかなか理解するのは難しいんじゃないでしょうか。

一般の僕らが「実際に使う」という機会もそうないと思います。なのでなかなかイメージが湧きづらいコインではあります。

しかし、2022年に開催されるサッカーワールドカップ(開催はカタール)のホテル建設にSymbolが採用されていたりと、今後使われてく場面も広がっていきそうです。

パッと調べただけではなんとなくしか理解できないコインなので、今後の可能性を追いつつ、チェックしてみるのが良いでしょう!

 

 

他のアルトコインについてはコチラにまとめています↓

>>>【日本のアルトコイン】国内で取扱いのあるアルトコインまとめ

最新情報をチェックしよう!