サルでもわかる【暗号資産の投資方法】5つのやり方まとめ《決定版》

「暗号資産の投資方法って、どんなんがあるの?」

そんなアナタへ。【暗号資産の投資】のやり方5つをまとめました!

暗号資産の投資には、どういった方法があって、どういうリスクがあるのか。

サクッと読んで、学んでおきましょう!

サルでもわかる【暗号資産の投資方法】5つのやり方まとめ

サルでもわかる【暗号資産の投資方法】5つのやり方まとめ

暗号資産の投資】のやり方5つを以下にまとめます。

リスクとリターンを分けるとこんな感じです↓

高リスクだけど、大リターンな投資方法

  • 【トレード】
  • 【ICO】

中リスクで、中リターンな投資方法

  • 【マイニング】

低リスクで、少リターンの投資方法

  • 【アービトラージ】
  • 【積み立て】

ひとつづつ説明します!

①売買して稼ぐ【トレード】

①売買して稼ぐ【トレード】

【トレード】は一番わかりやすいです。

安く買って、高く売る。以上。

ただ、勉強は必要です。

価格が上下する要因を知っておく。最新のニュースに気を配る。チャートの見方なども学んだ方が良いでしょう。

それでも短期的な【トレード】で毎回利益を出すのは、なかなか難しいです。

FXのように、「レバレッジ」をかけて取引することもできますが、オススメしません。

「レバレッジ」をわかりやすく言うと、「界王券を使ってトレードする」みたいなものです。

かけるほど、ハイリスク・ハイリターンになります。

FXで「レバレッジ」をかけた取引に慣れている方でもない限り、オススメしません。

②上場益を狙う【ICO】

②上場益を狙う【ICO】

【ICO(Initial Coin Offrting)】は、未上場のコインを買って、上場された利益を狙います。

未公開の株を買って上場益を狙う「IPO(Initial Public Offrting)」みたいなものです。

コインの発行者側も、【ICO】はお金を集めやすい仕組みなのです。

暗号通貨でいう「上場」とは、「コインが取引所で扱われるようになること」です。

取引所で扱われるようになるということは、その価値が爆上げする可能性が高いわけです。

しかし、買ったコインが上場しなかったら。売るに売れない状態になります。

初心者が一番ダマされやすいのが、この【ICO】でもあります。

「今これを買っておくと、近いうちに上場されて何十倍にもなりますよ!」とかいって、お金を集めるサギがたくさんいました。

「ICOの90%以上はサギ」とも言われています。

ホワイトペーパーについて

ホワイトペーパーについて

【ICO】の案件には、たいてい「ホワイトペーパー」という“コインの仕様書”があります。

「ホワイトペーパー」を読めば、

誰が、どんな目的で作ったコインなのか?

どういう技術が使われているのか?

バックでどういう会社が支えているのか?

何枚発行される予定なのか?

といった、コインの詳細がわかります。

【ICO】投資を考える時の参考になるのが「ホワイトペーパー」です。

ただ、「ホワイトペーパー」は英語で書かれていることがほとんどです。

なので、英語がわからないと内容を理解するのは難しいでしょう。

そうした点からも、素人にとって【ICO】はギャンブル的な投資になってしまいます。

  • 【ICO】の90%以上はサギ
  • わからない【ICO】への投資はギャンブル

この2つからも、【ICO】は素人にはオススメできません。

リスクの高い投資法です。

③採掘された一部をもらえる【マイニング】

③採掘された一部をもらえる【マイニング】

【マイニング】でを利益を得る方法は、2通りです。

マシンを使って、自分でマイニングする

マイニングをしている会社に投資をする

ビットコインだとマイニング競争が激しいので、「自分でマイニングする」のは無理でしょう。

マイナーなコインなら、個人でマイニングすることもできます。

が、競争が激しくなるほど個人では難しくなりますし、そもそも素人に【マイニング】は無理ですよね。

となると、「マイニングをしている会社に投資をする」方がイメージしやすいです。

これなら、ビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨のマイニングに参加できます。

ちなみに、参加者が集まってマイニングする仕組みのサービスを「マイニングプール」といいます。

マイニングで得られた報酬は、手数料を引いて参加者に分配されます。

こうして利益を得るのが「マイニングをしている会社に投資をする」方法です。

投資に必要な金額は、その会社によってまちまちです。

少額なところだと、一口600ドルくらいから参加できます。

マイニングに参加する場合、ひとつ、おぼえておいてください。

「マイニングは、あくまでも競争」だということです。

強い競争相手が出てくれば、利益が出なくなったりして「思てたんとちがう!」ということにもなります。

そういったリスクも頭に入れたうえで、参加するしないを判断しましょう。

④取引所間の価格差でもうける【アービトラージ】

④取引所間の価格差でもうける【アービトラージ】

【アービトラージ】とは、「取引所と取引所の価格差で利益を上げる方法」です。

ビットコインの価格は、取引所によってそれぞれ違うんです。それはなぜか?

取引所のその時その時によって、「買いたい人」と「売りたい人」のバランスがビミョーにズレるからです。

このズレによって、取引所と取引所に価格差が生まれます。

「安い取引所で買って、高い取引所で売る」

これが【アービトラージ】です。

前もって利益が見えてるので、手堅い方法です。

「え、そんなん絶対いいじゃん!」と思うかもしれません。が、けっこう手間がかかります。

まず、価格差を見るために、パソコンに張り付いてずっとチェックしなければいけません。

価格差をみつけたら、買って、それを別の取引所に送って、高値で売ります。

スピーディーに、コツコツと。しっかりと働くことになります。

なので、【アービトラージ】は投資というより内職。

ふだん会社勤めしてる方はなかなかできない方法かと思います。

税金の計算なども大変になるので、オススメできません。

⑤買ってずっと持つ【積み立て】

⑤買ってずっと持つ【積み立て】

5つ目の投資方法は、ただ買って、ずっと持つ【積み立て】です。

正直、これが一番オススメです。

ビットコインやイーサリアムなど、前からあるコインは安定しているので、ローリスク・ローリターンです。

上場したばかりの新しいコインなら、価格変動が激しいのでミドルリスク・ミドルリターンです。が、

よく調べて、可能性にかけるなら小リスクで大リターンになる可能性もあります。

「長い目で見て、このコインはまだまだ上がるだろうなぁ」と考えているなら、それを買ってずっと持っておく。それだけ。

価格が下がったら、買い増す。

ヘタに動かすより、「ずっと持ってただけの方が利益が出ていた」というケースが多いです。

それに、大きな利益を確定させたとしても、今はまだ税金が高いです。

世の中が変わって、暗号資産がさらに認められてくるまで。持って、待つ。

暗号資産の未来を信じているなら、【積み立て】て持っておく、これが一番手堅いですね。

【暗号資産の投資】のやり方5つ まとめ

【暗号資産の投資】のやり方5つ まとめ

【暗号資産の投資】方法まとめ。

初心者がやるなら、ビットコインやイーサリアムなどの安定したコインへ【積み立て】がオススメです。

あとは、「レバレッジ」を使わずに【トレード】してみるのもいいでしょう。

時間があるなら、複数の取引所にアカウントを作って【アービトラージ】を試してみるのもいいですね。

【マイニング】参加はややこしいので、あまりオススメしません。

【ICO】は、調べてみて「賭けてみたい」という時だけにした方がいいです。

どの方法もそうですが、しっかりと学んで、「何がリスクなのか」をわかったうえでやりましょう!

 

以上で暗号資産【取引の手順】全7回は終了となります!

引き続きそれぞれ学んで、正しく資産を運用していきましょう!

>>>【はじめてのビットコイン】暗号資産の基礎知識・取引の始め方まとめ

最新情報をチェックしよう!